バス運転手の安い給料

バス運転手の仕事と給料

楽ではないバスの運転手

バスの運転手は非常に過酷な職業です。座って運転するだけなんて楽そうだと思われがちですが、常に乗客の安全を考えて緊張していますし、人手不足で連続勤務が続くこともあります。それなのに運転手の報酬は、驚くほど安いのが現状です。平均年収は約450万円ですが、基本給が安いので残業手当や休日出勤をこなしてのこの数字は、決して激務に見合った報酬とは言えません。一般的に民間の会社よりも市バスなどの方が給料が良く、中には年収600円以上の運転士もいますが、最近では赤字経営が続いているところが多いので、民間との給料格差は減少の傾向にあります。

バス運転手の給料の実情

バスの運転手の給料は、厚生労働省調査賃金構造基本統計調査によれば、平均月給31万円、平均年収440万円と平均的なサラリーマンの平均年収よりも幾分か高くて、比較的まともな職業に思えます。しかし、小泉純一郎元首相の規制緩和により業者が乱立し競争が激化した事や度重なる大事故により特に長距離バスの規制が厳しくなり、運転手が2人同乗するなど給料は少なくなっているとされ、平均440万円はまやかしの数値とされています。多くの業者が、倒産や撤退を余儀無くされ、実際に長距離トラックやタクシー、他業種に転職する人が数多くいます。

↑PAGE TOP